羽生結弦☆フィギュアスケート男子グランプリファイナル

フィギュアスケートの男子グランプリファイナル2013で
羽生結弦さんが、ショートプログラム世界歴代最高の99.84点を出しました!
これまでの最高得点はパトリック・チャンの98.52点です。
現在の男子で最高の選手であるパトリック・チャンの記録を抜く得点には
テレビを観ていた私もビックリしました☆

羽生結弦さんは冒頭の4回転トゥループを柔らかに着氷すると、
トリプルアクセル、トリプルルッツとトリプルトゥループの
コンビネーションジャンプをしっかり跳んでいました!
ジャンプだけでなく、全体の演技にキレと自信に満ち溢れた表情が良かったです。
パトリック・チャンの演技以外で、久々に見入ってしまう演技を
羽生結弦さんが観せてくれました!

その後に滑った、パトリック・チャンさんはかなり動揺していた様で
得意のジャンプをミスしていました。それでも、2位につけています。

羽生結弦さんは得点にはビックリして信じられない表情をしていましたね。
「今日はしっかり喜んで、明日のフリーに向けてやりたい。」とコメントしています。
ショートプログラムで世界歴代最高得点を出し、フリーは最終滑走になると、
緊張感は最高潮に達する事でしょう。
でも、その大きなプレッシャーに負けずに自分の演技をして、
現在の最高選手であるパトリック・チャンに勝って優勝する事ができるのか?
非常に期待と楽しみがあります。
明日の男子グランプリファイナル2013のフリー演技に注目します。