フィギュアスケートが熱い!:女子

フィギュアスケート、グランプリファイナル・イン福岡。
男女とも、日本選手が金メダルを獲得しました。
女子は、今シーズン限りの競技生活と宣言している浅田真央選手。

浅田選手については、
引退を宣言して臨むシーズンというものに、イヤがオウにも注目が行きます。
これまでの演技の集大成、ということですから、スケート自体を止めてしまう
とは思えませんが、メダルをかけての演技を目にするのが最後になるだろう、
ということです。
課題のトリプルアクセルは、素人目には他の三回転と区別がつきませんで、
ほかのを軽々とこなす彼女ですから、間もなく完成するでしょう。
何しろ、そのために基本に戻ったというのですから…!
佇まいはには、もはや貫禄を湛え、動きのスムーズさに、危なげはありません。
ステップもスピンも、多分、彼女の伝えたいものが、完璧に表現できていると
思われます。
ミスがなければ、ソチでは金メダルが取れると思います。
キムヨナ恐るるに足らず!!
多いに楽しみであります。

ソチオリンピックの代表枠は三枠です。
残りの二枠を賭けての争いも注目されます。
ベテランの鈴木明子選手は、
アピールが不足しがちだった印象でしたが、ココのところ、自信をつけて伸び
てきた、という気がします。
表現力もアップして、ミスさえなければ選出されるのではないでしょうか?

若手の村上佳菜子選手も、
明るく元気で良いのですが、時々空回り気味で、
ひょっとしたらメンタルがまだ、強くなりきれていないのではないかと感じら
れるのが惜しいところです。

安藤美姫選手は、
順調に勝ち上がっているようですが、なにせ他の人のレベルの上がり方が半端
でないので、間に合いそうもないですね。
彼女は、挑戦することに意義があるのです。
多いに若手のお尻をつついて欲しいと思います。