フィギュアスケートが熱い!:男子

フィギュアスケート、グランプリファイナル・イン福岡。
男女とも、日本選手が金メダルを獲得しました。
男子は、19歳になったばかりの羽生結弦選手。

羽生君は、
末の息子と同い年とは思えない、人間の完成度を感じてしまいます。
演技に入る前の、強い決意を湛えた目つきに代表される雰囲気が、
可愛らしいのですが頼もしくもあります。
若さあふれるパフォーマンスに、高得点も納得が行きました。
ひ弱い印象だった彼を開眼させたものは何なのでしょうか?
この時期に、ショートもフリーも自己最高点をマークし、
まだ、そこに満足しない心意気は、大したものだと思います。
俄然、ソチへの期待も高まります。

開眼、という意味では、町田樹選手にも注目していました。
彼も、浅田選手のように基本を大事にしてきたようです。
ジャンプの安定感を増すのに、メンタルに重点を置いたようなところも、
間違っていないと思います。
ショートで失敗してしまいましたが、フリーの演技は良かったです。
一日でのメンタルの回復力は、頼もしいものでした。

欠場した高橋大輔選手にも、是非ともソチでの金メダルが期待されます。
年齢的に、それこそ最後のオリンピックとなるのではないでしょうか?
大怪我をして、底から這い上がってきたメンタルの強さ、
ナルシスト気味かもしれないと、自身で把握しているほどの表現力の豊かさは、
ほかの人には真似できないものがあると思います。
是非、代表の切符を掴んで欲しいものです。

高橋選手の控えで出場した織田信成選手も、今シーズン限りとのこと。
有終の美を飾りたいことでしょう。

サラブレットの小塚崇彦選手は、
今シーズン、どうしたのでしょう?

ソチまであと少し。
フィギュアスケートから目が離せません。