Hp-open.jp はもう利用できません。 代わりにjta-tennis.or.jp を試してください。

花キューピットジャパンウイメンズオープンテニスチャンピオンシップスについて

このサイトでは、公益財団法人日本テニス協会主催、花キューピット株式会社協賛のもと行われた、女子テニス世界大会「花キューピットジャパンウイメンズオープンテニスチャンピオンシップス」についての情報をお知らせしています。
※公式サイトではありませんのでご注意ください。

ジャパンウイメンズオープンテニスとは

ジャパンウイメンズオープンテニスは、2009年より日本で行われてきた女子テニス大会で、日本国内のみならず、世界中からプロテニス選手が参加する国際大会です。
シングルスとダブルスがあり、シングルス優勝者は海外勢が占めているものの、シングルス準優勝、ダブルス優勝の顔ぶれには、日本人選手も加わっています。

2018年大会の結果

2018年の大会は、広島県の広島広域公園テニスコートで開催され、2018年9月8日~10日に予選、9月10~16日に本選が行われました。
本選にはシングルス32名、ダブルス16組が出場しました。

シングルスで優勝に輝いたのは、台湾の謝淑薇選手。準優勝はアメリカのアマンダ・アニシモバ選手でした。ダブルスでは、穂積絵莉/張帥チームが、加藤未唯/二宮真琴チームにストレート勝ちし、優勝をつかみ取りました。

ダブルス決勝の様子はこちらからご覧いただけます。
【9/16試合結果】穂積/シューアイが優勝。加藤/二宮をストレートで破り[花キューピットジャパンウイメンズオープンテニス